ダウンタイムを短くする

相談

美容外科施術の中には、皮膚を切開するものなど体の組織にダメージがあるものも数多くあります。そのようなダメージを受けることによって、腫れや痛みなどといった症状が現われ、このような症状が収まるまでの期間をダウンタイムといいます。ダウンタイムが落ち着くまでは仕事に行けなかったり、人に会うことができなかったりと、社会生活や日常生活に大きな支障があります。できるだけダウンタイムを短く済ませるために知っておきたいことがありますので、把握した上で美容整形の施術を受けるようにしましょう。
ダウンタイムをできるだけ短くしたいと考えているのであれば、より技術の高いドクターがいる美容外科クリニックを選ぶようにしましょう。技術の高いドクターが施術を行うことによって、余計なところにダメージを与えることなく、必要最低限のダメージに留めることができます。それによって出血が減り、腫れが小さくなり、ダウンタイムにかかる期間が短くなります。逆にドクターの技術が未熟な場合は、施術に無駄が多く不必要な部分にまでダメージが加わり、結果としてダウンタイムが長くなってしまいます。仙台などは美容外科クリニックが数多くあり、競争が激しいので他の地域に比べると仙台のドクターは技術が高いです。仙台のような美容外科クリニック密集地帯でクリニックを探すことで、ダウンタイムが短い名医を見つけられるでしょう。仙台の近くに住んでいる方は、インターネットなどで仙台にある美容外科クリニックをチェックしてみましょう。
ダウンタイムを短くするために、患者にもできることがありますので、把握して実践するようにしましょう。まず、施術を受ける際は力まずにできるだけリラックスすることがダウンタイムを短くするために必要です。二重瞼の施術をする時などに、患者が緊張して力んでしまうと、血圧が高くなり出血の量が増えてしまいます。その結果腫れがよりひどくなってしまい、ダウンタイムが長引いてしまいますので、できるだけリラックスできるように心がけましょう。自信がない方は、恐怖心や不安感を和らげる笑気麻酔を行ってもらうというのも、ダウンタイムを短くするコツです。また、手術の後は患部を冷やして腫れを引かせるようにすることと、可能な限り安静にすること、患部を心臓より高い位置に上げるといった努力が必要になります。お風呂に入ったり、お酒を飲んだりすると血行が促進されて腫れがひどくなってしまいますので、注意が必要です。